FC2ブログ

HEINRICH DINKELACKER。






晴天。




暑さを感じるようになりました。




熊本シティは上之裏通りより。










震災以降、日にち、曜日の感覚がなくなってました。。。




ゴールデンウィークですね、世は。











ということで、ゴールデンな一足の紹介を。










1879年の創業以来130年以上。

数にして約30名程のマイスターが靴1足1足を「約300の工程をオールハンドメイド」で丁寧に作り上げます。

「年間生産足数は僅か8000足」で、この靴のオーナーになれるのは極少数です。





不変的な価値と比類なき作りを有し、

『前進する1m毎に心からの享楽を提供する』

というブランドマインドを130年以上もの間変わらず持ち続け、今も靴作りに込めています。




元は欧米の足の弱っているエグゼクティブでも履けるように、

適宜にフィットする整形法のデザインに特化した歴史を持つ為、

秀逸なファッション性の中に、堅牢性と極上のクッション性とフィット感を併せ持ちます。

木型は人の足の形状にかなったインサイドストレート&アウトサイドカーブの内振りスタイルで、

インソールは履きこんでいくと足型にしっかり沈み込み、

「まるで絨毯の上を歩いている」かのような感覚になります。





「世界中から高級で上質な素材が集約」されます。

アッパーの革にはアメリカ・ホーウィン社のシェルコードバンや、フランス・デュプイ社のボックスカーフ、ドイツ・ワインハイマーレーダー社のグレイツフルカーフを取り寄せて使用。

中でもホーウィンコードバンのネイビーとダークコニャックは弊社オリジナルカラーで、

「市場では見ることの出来ない幻のカラー」として雑誌各社からも注目を浴びています。

靴の本底にはドイツ・ジョーレンデンバッハ社のレザーソールを使用し、

ラバーソール、シューレースにいたるまで自社で揃え、一切の妥協がありません。

細部にまでこだわり抜いた、Last Masterpiece。




『Heinrich Dinkelacker』の絶妙な履き心地をぜひ体感してください。










紆余曲折を経てIDIOMEへ堂々到着。









『HEINRICH DINKELACKER
(ハインリッヒディンケラッカー)』



DSC_0252 (2)

DSC_0253 (2)

DSC_0254 (2)

DSC_0255 (2)

DSC_0256 (2)

DSC_0257 (2)

DSC_0258 (2)

DSC_0259 (2)

DSC_0260 (2)

DSC_0261 (2)

DSC_0262 (2)

「Wien(4701 43 17)」

col NAVY

leather Cordvan

size 6.5、7、7.5、8

¥129000+tax









アッパーはネイビーコードバン。




ノルウィージャン製法のコインローファーです。











『HEINRICH DINKELACKER
(ハインリッヒディンケラッカー)』


DSC_0263 (2)

DSC_0264 (2)

DSC_0265 (2)

DSC_0266 (2)

DSC_0267 (2)

DSC_0268 (2)

DSC_0274 (2)

DSC_0275 (2)

「Wien(4735 05 44)」

col BLACK

leather Box Calf

size 6.5、7、7.5、8

¥94000+tax










ドイツ、ワインハイマーレーダー社の「グレイツフルカーフ」




をアッパーに使用したオペラローファー。





非常に上品で色気のあるモデルです。




これはイディオムらしいオーダーだったなと自画自賛。








DSC_0270 (2)





甲部分にはゴムが付いています。




絶妙なフィット感を演出。









DSC_0272 (2)

DSC_0273 (2)





靴底にはドイツの名門、「ジョーレンデンバッハ」の本底を使用。




ハンドソーンで仕上げられている為、足の返りは抜群です。




見るも美しい半カラス仕上げ。。。










DSC_0269 (2)




丸みを帯びた形状のヒールカップで、かかとをしっかりホールド。




ローファー特有の悩み、"足抜け"が起こりません。








DSC_0270 (2)




インソールは柔らかく、履き込むごとに自分の足に馴染みます。









従来のローファーの概念を覆す快適さがここにあります。




ハインリッヒのゴールデンな一足。




是非是非お試しください。









皆様の御来店、こころよりお待ちしてます。




IDIOME フジモト









新規スタッフ募集のお知らせ

<仕事内容>接客販売

<お問い合わせ・履歴書送付先>
〒8600845
熊本市中央区上通町10-13-1F
IDIOME

TEL 096-355-2236
担当 フジモト

ご質問、ご連絡は下記メールアドレスでも受け付けております。



最新の入荷情報やスタイルサンプルはインスタグラムをチェック!!!!
↓↓↓

Instagram



オンラインショップはコチラより
↓↓↓
IDIOME onlineshop



お問い合わせはコチラより
↓↓↓
tel:096-355-2236

mail:idiomeidiome@gmail.com

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

IDIOME

Author:IDIOME
熊本市上乃裏通りのセレクトショップ「IDIOME(イディオム)」
のスタッフブログです。

【WEB SHOP】

https://idiome.jp


【OFFICIALSITE】

https://idiome.co.jp


営業時間
12:00〜20:00
火曜定休

熊本市中央区上通町10-13-1F

電話でのお問い合わせは
096-355-2236
まで。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
BRAND LIST
MARNI
Dries Van Noten
GUIDI
BEDJ.W.FORD
TOGA VIRILIS
Robes&Confections
B YohjiYamamoto
Edwina Hörl
TONSURE
tim.
MIDIUMISOLID
CULLNI
Dulcamara
ROTOL
PORTVEL
roundabout
prasthana
WEYEP
WHEIR BOBSON
WYATT
poem by rabbit
SPALWART
mythography
SAINT LAURENT EYEWEAR
Mr.Gentleman EYEWEAR
LEGRAMME
VITAFEDE
MANIERA
ED ROBERT JUDSON
カテゴリ
検索フォーム