FC2ブログ

CLOON KEEN ATELIERの香水。






こんばんは。




フジモトです。










曇り空。




朝より寒くなってるような気がします。




熊本シティは上乃裏通りより。










ここにきて大人気です。




こっそりとスタートしてました。









『CLOON KEEN ATELIER』

DSC_0126_20151203162410b79.jpg

PERFUMES

All ¥8500+TAX











イディオム初展開、香水です。




男性、女性問わずご購入頂いてます。









まずはブランド説明を。。。







何よりも香りを愛し、

香りの持つストーリー性や情緒的な側面の可能性を信じているクリエーター、

マーガレット・マンガンは、

アイルランドのゴールウェイをバックボーンとしたブランド、「CLOON KEEN ATELIER」を立ち上げました。

シンプルなデザインの中に潜む本質的なものとしての良さを追求しながら、

感情に訴えかける香りのストーリー性を極限まで高めていく-Dramatic Simplicity-というデザインコンセプトのもと、

自らの愛する映画や音楽、そして懐かしい過去のひと時にインスピレーションを求めながらプロダクトを作り上げていきます。

魂を吹き込むように作られていくアイテムの数々は、彼女と気心の知れたスタッフが全てハンドメイドで仕上げていきます。












そして文章では全く伝わらないと思いますが、




一応個々の香りの説明も。。。









DSC_0127_201512031624112e2.jpg

『TERRE DE L'ENCENS(テール ド ロンソン)』

〜香りの辿って来た道〜


この香りは、オーマンから古代帝国にわたる雄大な旅を嗅覚で表現しています。

かつて貿易で栄えた経路では、放浪者が貴重な乳香を持ち運んでいました。

栄枯盛衰さながらに、やがて砂漠へと消えていく歴史に想いを馳せた香り。

塩と鉱物の調和をイメージした香りは肌に付いた砂粒を思い描かせます。

傍らに添えられたアイリスの情熱とともに男性の魅力を引き立てる香りです。


ブランドテキストより抜粋









と言う事で、男性にオススメしてます。




斯く言うワタシもコレを愛用中です。









DSC_0128_20151203162413bd8.jpg

『BATAILLE DE FLEURS(バタイユ ド フルール)』

〜花々の戦い〜


1876年より、ニースで毎年初春に開催されている、通称"花のパレード"。

調香師ステファニーバコーシュは花々が飛び交うこのパレードにインスピレーションを得て、

香りの製作をしました。

仕上がりはフローラルな印象をベースとした、美しく、明るく、センシュアルなニュアンスに、

初春のニースを舞う風の、どこか荒涼としたムードが漂う女性にオススメの香りです。

ブランドテキストより抜粋








こちらはテキスト通り、女性に人気です。




女性のお客様から「オススメは?」と聞かれたらコチラを提案してます。










DSC_0129_20151203162414a10.jpg

『LUNE DE GIVRE(ルーン ド ギブル)』

〜月光の香り〜


想像を旅する、これこそがフレグランスの最も興味深いファクターの1つです。

情熱的で暖かく、粗野であるが、冷たい新鮮な銀色のキメ細かい月光に接触する。

アンゼリカ、ニオイイリス、ベチバー、ガルバヌムをブレンドしたもの。

親しみやすく、感覚を喜ばせる香りは魅力的でユニークな香りです。

ユニセックスで御使い頂けます。


ブランドテキストより抜粋










こちらも人気です。




いつものモデルの子もコレを愛用してます。









DSC_0130_201512031624165e3.jpg

『CASTANA(カスターナ)』

〜チェストナッツの香り〜




アンダルシアの街路で焼いたチェストナッツの美味しそうな香りを思い出しながら、

繊細な香りを五感でつかみ取り、洗練された上品な香水として実現させました。

マスキュリンを表現する男らしい匂いのハイチ産のベチバーを主に混合して作られながら、

女性らしい豪華なカシスとジャスミンの香りを混ぜると、

それは華やかで、伝統に従わないフェミニンでミステリアスな香水が出来上がりました。


ブランドテキストより抜粋









これは、、、良くわかりません。。




好みがそれぞれあると思うので。




お好きな方にオススメします。













と、長ったらしく説明分を載せましたが、




文章を書いているワタシも全く理解出来ません。




と言う事は、読んで頂いても伝わる訳も無く。。。




とりあえず、




全てテスターを用意してますのでそちらでどうぞご確認ください。。。







DSC_0131_20151203165750586.jpg





ニットからフワッと香る優しい匂い、素敵ですよね。




是非是非御試しください。









皆様の御来店、こころより御待ちしてます。











最新の入荷情報やスタイルサンプルはインスタグラムをチェック!!!!
↓↓↓

Instagram



オンラインショップはコチラより
↓↓↓
IDIOME onlineshop



お問い合わせはコチラより
↓↓↓
tel:096-355-2236

mail:idiomeidiome@gmail.com
プロフィール

IDIOME

Author:IDIOME
熊本市上乃裏通りのセレクトショップ「IDIOME(イディオム)」
のスタッフブログです。

【WEB SHOP】

https://idiome.jp


【OFFICIALSITE】

https://idiome.co.jp


営業時間
12:00〜20:00
火曜定休

熊本市中央区上通町10-13-1F

電話でのお問い合わせは
096-355-2236
まで。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
BRAND LIST
MARNI
Dries Van Noten
GUIDI
BEDJ.W.FORD
TOGA VIRILIS
Robes&Confections
B YohjiYamamoto
Edwina Hörl
TONSURE
tim.
MIDIUMISOLID
CULLNI
Dulcamara
ROTOL
PORTVEL
roundabout
prasthana
WEYEP
WHEIR BOBSON
WYATT
poem by rabbit
SPALWART
mythography
SAINT LAURENT EYEWEAR
Mr.Gentleman EYEWEAR
LEGRAMME
VITAFEDE
MANIERA
ED ROBERT JUDSON
カテゴリ
検索フォーム